首位ならず

まぁ瞬間風速的に首位に立っても大した意味ないんだけどw

昨日の柳は2回ですでに50球投げてて球数が多くなってましたね。

先制こそしたものの3回先頭の太田に同点ソロを打たれて振り出しに戻され拮抗した試合展開となりました。

試合が動いたのは6回。
バレンティン、雄平に連打を浴び1死1、3塁で西浦。
勝ち越しタイムリーを打たれて再びリードを奪われると代打川端にもタイムリーを打てれさらに1点……。
ここで又吉に投手交代。

与田監督、珍しくこういう場面で動きが遅かったねー。

この時点で柳の3勝目は無くなっちゃったけど、これは仕方ないかなー。

7回に犠牲フライで1点、8回にもビシエド、アルモンテと連続ヒットでチャンスを作ると阿部、松井雅人と粘って連続四球で押し出し同点でこぎ着けます。

なおも2死満塁で投手佐藤と打順で満を持して代打福田!


ここで打てれば逆転勝利も見えていたんだけど、同じくこのタイミングでマウンドに上がった五十嵐の前に三振(;_;)

同点で迎えた9回。
ヒロシをマウンドに送るも先頭を四球で出してしまい早くも嫌な予感。
代打松本はスリーバント失敗で1アウト取ったけど、続く青木にヒット、山田哲人に四球と満塁のピンチに。
田代は1塁ゴロで仕留めてなんとかあと一人。

あと一人だったんだけど堪えきれず雄平に2点タイムリーを打たれてそれが決勝打となりました。


ヤクルトのクローザー石川の前に1番からの好打順も三者凡退でゲームセット。

同じ同点2死満塁で三振に取られた福田と取った五十嵐。
決勝タイムリーを打たれたヒロシと打った雄平。

この差が今のヤクルトと中日の差なのかなぁ。

流れは悪かった中執念で追い付いた粘り強さはポジティブに捉えたいけどね。
ともあれ連勝は3でストップ、順位も3位に。

今日は吉見先発です。
前回登板では甲子園で4回に崩れてノックアウトされたけど、今日はその汚名返上を期待!